スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’09 キャンディ・ヘルボダ茶園 D1

2009年05月06日 01:00

青山T.F.に入荷したキャンディ・ヘルボダ茶園 D1のレビューになります。

【説明】
しっかりとした味、甘みもコクもあります。

【感想】
ヘルボタ特有の強い甘味は確かにあるものの、去年のようなべたっとした甘味ではない為に飲みやすい。
また、甘味一辺倒というわけではなく、きちんと苦味や重みもあるために去年に比べると味わい深かった(ただ、全体的に味わいは重い)
一般的なキャンディの味わいというより、ディンブラに近い味わいだと思いました。

ただ・・・、やっぱりD1は淹れにくいなーとは思いましたが。




スポンサーサイト

’09 ディンブラ・オートン茶園 BOP

2009年04月12日 11:00

リンアンに入荷したディンブラ・オートン茶園 BOPのレビューになります。

【説明】
このアルトン茶園の紅茶は、ガツンと来るくらいの激しい美味しさを持っています。
ある意味、強すぎるくらいの美味しさですから、優しい美味しさを求める方は、少し茶葉の量を控えたほうがいいでしょう。
非常に強い美味しさだけあって、少し温度が下がるとその美味しさの部分が渋みに変わってきます。その渋みはミルクティーに最適ですから、熱いうちはストレートで味わい、時間がたってきたらミルクティーにして愉しむのが良いと思います。

【レビュー】
確かにガツンと来る濃く強い味わいは持っているが、味にふくよかさというか広がり(立体感)があまり感じられない。
また、薔薇のような芳香は(クォリティーにしては)弱々しいながらも感じたが、渋味や甘味が余韻として長く残らないのも気になった。

正直、悪くはないんだけど、リピしてまで飲みたいとは思いませんでした。


’09 ウダプッセワラ・リッデスダレ茶園 BOP

2009年03月29日 14:00

リンアンに入荷したウダプッセワラ・リッデスダレ茶園 BOPのレビューになります。

【説明】
2007年のハイフォレスト茶園の紅茶は、グリニッシュ(緑茶のような美味しさ)と渋さが旨く調和していたのですが、2008年のリッデスダレ茶園の紅茶の紅茶はそれを上回るコクの有る美味しい紅茶でした。ある意味、ウダプッセワラらしくない美味しさでした。
2009年のリッデスダレ茶園の紅茶は、その美味しさはちょっと控えめで、そのぶんウダプッセワラらしさが戻ってきています。

【レビュー】
確かにウバに似た味わいだが、全体的に味わいが単調というか平坦。
そして、渋味に肝心のキレがなく、味わいが青い。
去年のウバ・ダウンサイド茶園を大人しくしたような味わいだと思った。

「いまいち喉奥に旨さが届かない」そんな茶葉だと思いました。



’08 ディンブラ・サマーセット茶園 BOP

2008年12月23日 01:00

ティーブレイクに入荷したディンブラ・サマーセット茶園 BOPのレビューになります。

【説明】
香り高い紅茶の作り手として名高いサマーセット茶園。力強く優雅な香りと旨みとのバランスが心地よい銘園渾身の「香りのディンブラ」が入荷しました。

【レビュー】
非常にバランスの良いディンブラ。
飲んだ直後はどこか青さを持った苦味を感じますが、その直後にふくよかな甘みと渋みの要素を含んだ旨味がすーっと延びていきます。
そして飲み終わった後も旨味の余韻がしばらく続きます。

今年、ディンブラはいろいろと飲んで来ましたが、自分はこのディンブラが一番好みでした。
全体的に味わいがやや青いのは残念な点ですが、甘味、渋味のバランスは絶妙だと思います。


’08 キャンディ ヘルボダ茶園 BOP

2008年11月15日 05:00

青山T.F.に入荷したキャンディ・ヘルボダ茶園 BOPのレビューになります。

【説明】
当店でおなじみのキャンディ・ヘルボダの紅茶です。
甘味があるのを選びました。
甘い香りとしっかりした味が絶品です。

【レビュー】
味の構成は、基本的に去年の青山T.F.のヘルボダとあまり変わらない。
ボディーはキャンディにしては強め。
べたっとした甘味とあの後に感じる苦味が印象的なキャンディです。
ただ、自分には今回少し甘味が煩すぎる気がしました。




Topic


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。