スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’09 ネパールFF・ジュンチャバリ茶園【Golden Handrolled Himalayan Tips】

2009年05月24日 22:00

ジークレフに入荷したネパールFF・ジュンチャバリ茶園【Golden Handrolled Himalayan Tips】になります。

【説明】
美しいマスカテルと蜜のような甘味を湛えた、近年最高の名作です。まさに究極の紅茶といっても過言ではありません。

【感想】
茶葉は自分の想像以上にごつく、否が応にも期待が膨らむ。
そして、茶液は確かにジークレフが仰ぐように、FFとは思えない程濃い目。
その茶液の濃さは、先日飲んだマカイバリVintageを思わせる位に濃い。

期待に胸躍らせ、早速飲んでみる。
・・・。
・・・・。
・・・・・。
苦い、苦すぎる。
焙煎が強すぎるせいなのか、甘味や渋味、滋味が全く感じられない程に苦味が勝っている。
まるで珈琲を飲んでいるような錯覚に陥った。

水が悪いのか、淹れ方が悪いのか、それともまだ茶葉の焙煎が落ち着いてないのか・・・、理由は分からないがジークレフが謳ってた味わいとはあまりにかけ離れた印象だった。
正直、この茶葉に3000円以上出したのをすごく後悔した。


スポンサーサイト

KUSMI TEA・Anastasia

2008年05月06日 00:00

ユイスさんから頂いたクスミティー・アナスタシアのレビューです。


【レビュー】
一言で言うと落ち着いた味わいのアールグレイ。
今までアールグレイは幾つか飲んできたが、フレーバーと茶葉がうまく一体化しておらず「茶葉の印象だけが強い」もしくは「フレーバーの印象だけが強い」というものが多かった。
しかし、このアナスタシアはうまくフレーバーが茶葉になじんでおり、フレーバーでありながら落ち着いた味わいになっている。

柑橘系の持つ爽やかさと、茶葉の持つ力強さがうまく調和した逸品だと思います。


’07 春茶・凍頂烏龍茶【林富山作】

2008年03月10日 00:00

セレクトショップの福袋に入っていた凍頂烏龍茶のレビューです。

【商品説明】
飲んだ瞬間にさわやかな茶葉の香りと、たっぷりと養分を含んだ茶葉の凝縮された甘みやうまみが口の中に広がります...

【レビュー】
早速、淹れてみる。
淹れると、シロツメクサのような清清しい香りが部屋中に立ち込める。
そして、実際に飲んでみると、香りをそのまま飲んでいるかのような感覚に襲われた。
それ程、香りが鮮やかなお茶だった。

実は本格的な烏龍茶(台湾茶)は初めてだった自分。
なので、他の烏龍茶(台湾茶)と比べて「ここが美味しい」と言った具体的なことは言えないが、清清しい香りと滑らかな味わいに、紅茶では味わうことが出来ない魅力を知ることが出来た。
これからは、もっと積極的に紅茶以外のお茶も飲んでみたいと思った。

凍頂烏龍茶


※後、茶葉があまりにごつかったんで、画像を撮って定規で測ってみた。
その結果、茶葉の長さ(大きさ)は8cm・・・。
他の烏龍茶の茶葉の大きさを知らないので単純に比較は出来ないが、紅茶では見たこともないスケールの茶葉に驚いた。



Topic


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。