スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマ法王の呼びかけを中国が拒否

2008年03月24日 12:00

ローマ法王は前週19日、チベット暴動に関してそれまで守っていた沈黙を破り、 暴力を停止し、「対話と寛容」をと呼びかけた。
イタリアの報道によると、中国政府はこの呼びかけを拒否し、秦剛(Qin Gang)外務省報道官は翌20日、 「寛容というものは、法によって罰せられるべき犯罪人のためには存在しない」と強くはねつけた。

一部引用:AFP BB NEWS(3月23日)
http://www.afpbb.com/article/life-culture/religion/2368783/2769082


オリンピックのボイコット以前に、一歩間違うと戦争が起きそうな流れになって来ているような・・・。
チベットの人権を最大限配慮した形で、穏便に事態が収拾することを願うばかりです。


・・・と、かなり保身的文章になってしまいましたが、今こうしている間にもチベットで殺されている人がいると考えると、本当にやるせない気持ちになります。
自分にも出来る「彼等にしてあげられること」って一体何だろうか・・・?


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://clonalspecial.blog118.fc2.com/tb.php/179-a087dd8e
    この記事へのトラックバック


    Topic


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。