スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットボトルのお茶の功罪

2008年04月11日 12:41

先週から職場の研修が始まった。
んで、自分を含め研修生がすっかりお世話になっているのが研修所内の自販機。
昨日が研修最終日だったのだが、自販機で唯一売り切れになった飲み物があった。





それは・・・。





意外にも水だった。
やっぱり、今はお茶より水が流行なのだろうか。
確かに最近コンビニ等でも、やたらとミネラルウォーターの扱いが大きくなったような・・・。

このような背景には、お茶ブームの時でさえ「水に味をつけたようなお茶」しか市場に出回らなかったことが大きいように思う。
で、結果的にユーザー(消費者)はお茶の美味しさに気づいたのではなく、水の美味しさに気づいたと・・・。

まぁ、それなりの理由を考えてみましたが、結局の所いくらお茶が飲みやすいといっても、日常的に飲むんだったら 水>お茶ってことなのかもしれません。


スポンサーサイト


コメント

  1. ユイス | URL | 66JrFXMk

    No title

    【レス不要れす~】
    多分、研修という環境も水を選ばせる要因かも。
    慣れない環境でストレスが掛り、喉の渇きがあるけれど、
    コーヒー・お茶は利尿作用があるから無意識に
    カラダが選択していないと思われます。

    まぁ、オイラも外では水選ぶことが多いケドね。
    伊藤園は買うよ、伊藤園ならw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clonalspecial.blog118.fc2.com/tb.php/201-0ca00020
この記事へのトラックバック


Topic


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。