スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わる味

2008年05月13日 22:12

「あれ?味が違う」
実際、久し振りに紅茶を飲む時によくあることです。
先日、セレクトのウバ・ハイランズ(2007年)を入荷以来 久し振りに注文したのですが、去年秋と味わいが全く変わっていることにショックを受けました。
こりゃ、全く別物じゃないか・・・。

特にウバ、ディンブラ、ニルギリ辺りは味わいが変わりやすい気がします。
■ウバ→時間が経つと、後味が甘だるく、ボディがやや重くなってくることが多い。
■ディンブラ→新茶の時は、味が荒れていてバランスが悪いことも多い。
かと言って、飲む時期を逃すと香りや甘みが吹き飛んでいる。
■ニルギリ→柑橘系やハーブを思わせる要素が綺麗に消えてなくなることが多い。

中には追熟して味わいが豊かになるもの、少しの経年変化をモノともしないような茶葉もありますがごく稀です。
素直にクオリティーものは、その時期に楽しみましょう。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://clonalspecial.blog118.fc2.com/tb.php/239-a06c5095
    この記事へのトラックバック


    Topic


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。