スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船場吉兆・廃業 「断腸の思いで廃業」 女将、おわび

2008年05月29日 01:08

牛肉産地偽装事件で大阪府警が捜査している料亭「船場吉兆」(大阪市中央区、民事再生手続き中)は28日、再建を断念し廃業すると発表した。昨年10月以降、食品の表示偽装などが次々と発覚。今年1月、女将(おかみ)の湯木佐知子氏(71)を新社長として経営陣を一新し、本店の営業を再開していた。しかし、今月になって、客が残した料理を別の客に回していた問題が明らかになり、客足が遠のいていた。

参考:YAHOO!JAPAN(5月28日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080528-00000056-mai-soci


会見動画を見ましたが、本当に女将は反省しているのだろうか?
いかにもカンペを読みました的な言い方が引っかかりました。

それにしても、吉兆のようなお店でも偽装が発覚したら潰れてしまうのですね・・・。




スポンサーサイト


コメント

  1. ユイス | URL | 66JrFXMk

    No title

    反省しているんでしょうかねぇ・・・。
    酒酔い運転で交通事故を起したヤツが「運が悪かった」と
    言ってるのと同じレベルで非常に見苦しい。

    こういう高級料亭とは多分永遠に縁がない自分ですが、
    潰れて当然と思いますた :p

  2. ウバマニア | URL | ZZ7NSXQE

    反省してるのは形だけでしょう。

    こういう事件で結局苦しむのは末端である従業員ですから・・・。
    あの女将は土地もあるし痛くもかゆくもないかと。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clonalspecial.blog118.fc2.com/tb.php/259-87db9815
この記事へのトラックバック


Topic


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。