スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作りのお菓子を嫌がる人は意外と多い 「褒めるの面倒」「衛生面が不安」

2009年01月24日 03:00

「手作りのお菓子を嫌がる人が多くてびっくり。皆さんはいかが?」――こんな話題が、インターネットの掲示板「発言小町」で注目されている。
手作り歓迎派は3割強と思いのほか少なく、敬遠派からは「褒めなきゃいけないから面倒」 「衛生面が不安」などの声。「手作り」が必ずしも喜ばれる時代ではなくなってきていることをうかがわせる。
この質問を投げかけたのは30歳代主婦。「高校生の息子は、私が友人から頂いた手製のお菓子を『手作りは嫌』と言って食べません。そういう反応、普通?」と書き込んだ。
手作りは遠慮したい、という人の多くが、精神的な負担を挙げた。「職場に作って来る人がいるが、口に合わなくても本人がいるので褒めなければならず、気を使う」。「マナーとしてお礼は言うが、決して『また作ってね』と言わないようにしている」という自衛策も披露された。
衛生面が気になるという人も多い。「もしかしたらクシャミしたかも、手洗いしてないかも、なめた指やスプーンで調理したかも」と、清潔かどうか分からない状況で調理されたことが不安だと訴えた。
作る人やモノによる、という意見も。「清潔感が大事。外食も入りたい店と遠慮したい店がある」 「仲の良さにかかわらず、部屋が汚い人の手作りは嫌」。おにぎりやおはぎなど、手で成形するモノは苦手という人も多かった。

参考:読売小町(2009年1月18日)
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/mixnews/20090118ok02.htm


>「衛生面が不安」
これ、何となく分かる気がします。
遠い昔バレンタインデーで、見ず知らずの方から手作りチョコを貰ったことがあるのですが、その時も「食べないと相手に悪い」と思う一方で、「これ、本当に食べて大丈夫なんだろうか?」という猜疑心も沸きました(丁度、その頃某テレビ番組で「好きな人の気持ちを射止める為の危険な手作りチョコの作り方」をやっていたのも猜疑心を持った理由の1つです)

それにしても、思っていた以上に手作り歓迎派って少ないんですね・・・。
正直、驚きました。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://clonalspecial.blog118.fc2.com/tb.php/525-1f36fb6b
    この記事へのトラックバック


    Topic


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。