スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党県連弁論大会 テーマは“総理に言いたい” 高校生鋭い意見「定額給付金で景気が良くなるとは思えない」

2009年03月24日 00:30

「総理に言いたい」をテーマにした自民党県連の弁論大会が21日、四日市市安島の四日市都ホテルで開かれた。高校生9人が社会のあり方や政策に関する意見を発表し、約100人が耳を傾けた。
大会では、「定額給付金で景気が良くなるとは思えない。将来に対する私たちの不安が解消されるのか教えてほしい」と、麻生首相に手厳しい意見も上がった。また、当初出席する予定だった首相の代役で講演した弁護士の丸山和也参院議員も「3000人ぐらい人が来るかと思っていたが、総理の人気を反映しているのかな」などと際どいジョークで会場を沸かせた。

参考:読売新聞(2009年3月22日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/mie/news/20090322-OYT8T00260.htm


>「定額給付金で景気が良くなるとは思えない。将来に対する私たちの不安が解消されるのか教えてほしい」
本当に自分の意見?
少なくとも「マスコミの受け売り=自分の意見」ではありません。
もし、本当にそう思うのであれば「何故、景気がよくなると思えないのか?」そして、具体的に定額給付金の代案を出してほしいものです。

手厳しい意見になってしまいましたが、弁論とはそういうものです。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://clonalspecial.blog118.fc2.com/tb.php/566-a52a3ac0
    この記事へのトラックバック


    Topic


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。