スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローナル種vs中国種

2009年05月28日 01:30

どうやら今年は各店、ヌワラエリヤに凝っているようです。
そして、その中で以下の店で入荷されたヌワラエリヤが特に気になりました。

○ジークレフ
■ラバーズリープ茶園【Clonal Non Graded】
今回入荷した紅茶は、そのペドロ農園の中でも、優秀な品種を単一で製茶したというもの。通常は、アッサム種、クローナルの別なく製茶をしてしまうため、スリランカの紅茶において品種が明示されることはないのですが、今回は特別にクローナルのみを使用したものをあつらえてもらいました。

○ティーブレイク
■コートロッジ茶園 FBOP
当店のヌワラエリヤは、ストレートで香りと旨みが引き立つようにリーフタイプのグレードにこだわっています。今回は旨みの引き立つ中国種の葉を指定して当店のために製茶をしてもらいました。


ほー、ヌワラエリヤのクローナル種vs中国種対決ですか。
何かこういうところで両店主の味の好みの傾向が見えてくるような・・・。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://clonalspecial.blog118.fc2.com/tb.php/616-4953e439
    この記事へのトラックバック


    Topic


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。